7日、阪神競馬場で行われた忘れな草賞(3歳・牝・オープン・芝2000m)は、道中は前3頭から大きく離れた4番手で進め、3-4コーナーで先頭に立って後続を突き放した川田将雅騎手騎乗の1番人気タガノエルピーダ(牝3、栗東・斉藤崇史厩舎)が、2番人気ステラクラウン(牝3、栗東・上村洋行厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分59秒4(良)。

 さらにクビ差の3着に4番人気ヒヒーン(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)が入った。なお、3番人気プシプシーナ(牝3、栗東・小栗実厩舎)は7着に終わった。

 勝ったタガノエルピーダは、父キズナ、母タガノレヴェントン、その父キングカメハメハという血統。チューリップ賞では1番人気に支持されるも4着に敗れ、桜花賞への出走は叶わなかったが、ここで改めて力を見せた。

【勝ち馬プロフィール】
◆タガノエルピーダ(牝3)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・斉藤崇史
父:キズナ
母:タガノレヴェントン
母父:キングカメハメハ
馬主:八木良司
生産者:新冠タガノファーム

【全着順】
1着 タガノエルピーダ 1人気
2着 ステラクラウン 2人気
3着 ヒヒーン 4人気
4着 ジョセフィーナ 7人気
5着 ウォータープイプイ 8人気
6着 パレハ 5人気
7着 プシプシーナ 3人気
8着 オオナミコナミ 6人気