7日、福島競馬場で行われたモルガナイトステークス(4歳上・オープン・芝1200m)は、ハナを切ってそのまま逃げ切った斎藤新騎手騎乗の1番人気アサカラキング(牡4、美浦・斎藤誠厩舎)が、好位から脚を伸ばした3番人気モリノドリーム(牝5、美浦・鹿戸雄一厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分07秒7(良)。

 さらにクビ差の3着に4番人気サンライズオネスト(牡7、栗東・河内洋厩舎)が入った。なお、2番人気ゾンニッヒ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は6着に終わった。

 勝ったアサカラキングは、父キズナ、母アサカラヴァーズ、その父キングヘイローという血統。3連勝で臨んだ前走の阪急杯ではハナ差の2着だったが、ここでしっかりと巻き返した。

【勝ち馬プロフィール】
◆アサカラキング(牡4)
騎手:斎藤新
厩舎:美浦・斎藤誠
父:キズナ
母:アサカラヴァーズ
母父:キングヘイロー
馬主:山口雄司
生産者:協和牧場

【全着順】
1着 アサカラキング 1人気
2着 モリノドリーム 3人気
3着 サンライズオネスト 4人気
4着 フレッチア 14人気
5着 サトノファビュラス 11人気
6着 ゾンニッヒ 2人気
7着 プルパレイ 15人気
8着 オールパルフェ 10人気
9着 ロードベイリーフ 8人気
10着 エナジーグラン 7人気
11着 クリノマジン 6人気
12着 ジャスパージャック 9人気
13着 ファイアダンサー 5人気
14着 ロードマックス 13人気
15着 シセイヒテン 16人気
16着 ヴィズサクセス 12人気