GIでは異例のいとこワンツーとなるか。ともに祖母がランズエッジの2頭、レガレイラ(牝3、美浦・木村哲也厩舎)とアーバンシック(牡3、美浦・武井亮厩舎)が皐月賞(3歳牡牝・GI・芝2000m)で激突する。

 レガレイラは父スワーヴリチャード、母ロカ、母の父ハービンジャーの血統。ここまで3戦2勝。昨年のホープフルSで牡馬を倒してGI初制覇。皐月賞では76年ぶりの牝馬Vを目指す。

 一方のアーバンシックは父スワーヴリチャード、母エッジースタイル、母の父ハービンジャーの血統。こちらも3戦2勝。前走の京成杯では2着に敗れたが、上がり3Fはメンバー中最速の33秒9をマーク。世代屈指の切れ味を秘めていることは間違いない。この2頭はどちらも父がスワーヴリチャード、さらには母が全姉妹なので、ほぼ同じ血統構成となる。

 01年の中山大障害では1着ユウフヨウホウ、2着ゴーカイの兄弟ワンツーが達成されたが、GIでいとこワンツーとなれば珍事中の珍事だ。先週の桜花賞を同じくランズエッジの孫のステレンボッシュが制したように、血の勢いは十分。2頭の大伯父にあたるディープインパクトが19年前に制した一戦で、競馬史に新たな1ページが刻まれるかもしれない。