ディープインパクト以来の勝利なるか。武豊騎手がエコロヴァルツ(牡3、栗東・牧浦充徳厩舎)で皐月賞(3歳牡牝・GI・芝2000m)の19年ぶり4勝目を狙う。

 武豊騎手はこれまで皐月賞に28回参戦。4回目の挑戦となった93年にナリタタイシンで初勝利。その後も00年にエアシャカール、05年にディープインパクトで制し、4勝のM.デムーロ騎手に次いで2位タイとなる3勝を挙げている。

 19年ぶりの勝利を目指し、今年はエコロヴァルツで参戦する。昨年のコスモス賞で初めてコンビを組み、番手から早め先頭で6馬身差の圧勝。続く朝日杯FSは一転して後方からの競馬となったが、大外から伸びてジャンタルマンタルから1馬身1/4差の2着に食い込んだ。前走の共同通信杯は5着に崩れたが、超スローペースで折り合いを欠いたことが敗因。決して力を出し切っての敗戦ではなく、十分に巻き返しがあっていい。

 エコロヴァルツの父ブラックタイドは20年前の皐月賞のパートナー。前哨戦のスプリングS覇者とあって2番人気に支持されたものの、まさかの16着に沈んだ。当時とは一転、伏兵の立場となる息子で、久しぶりの美酒といきたい。