きさらぎ賞は掲示板上位4頭が同タイムという接戦。その中で3着だったシヴァースは差し決着の流れで唯一、前で競馬をして粘り込んだ。小柄ながら勝負根性に秀でている。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■4/13(土) アーリトンカップ(3歳・GIII・阪神芝1600m)

 シヴァース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)はキャリア一戦で臨んだきさらぎ賞でハナ差3着だが、展開を考えれば非常に優秀な内容。負けはしたが、悲観する内容ではない。父母併せてGI・8勝という良血馬。勝って堂々とオープン入りを果たす。鞍上は川田将雅騎手騎手

 オフトレイル(牡3、栗東・吉村圭司厩舎)の前走は京都の内回りで、前で運んでいた馬たちが上位を占めるなかで、後方から鋭く追い込んでの勝利。あの勝ちっぷりなら阪神外回りは歓迎材料だろう。決め手は鋭く好勝負は必至。鞍上は武豊騎手。

 その他、ホープフルSでも見せ場を作り、初めてのマイル戦だった前走が圧巻の勝利だったディスペランツァ(牡3、栗東・吉岡辰弥厩舎)、距離短縮で末脚に更に磨きがかかりそうなチャンネルトンネル(牡3、栗東・福永祐一厩舎)、初戦の勝ちっぷりが驚愕で浅いキャリアでもポテンシャルは見劣らないジュンヴァンケット(牡3、栗東・友道康夫厩舎)、堅実駆けのタガノデュード(牡3、栗東・宮徹厩舎)、ポッドテオ(牡3、美浦・畠山吉宏厩舎)も相手なりのタイプで怖い存在だ。発走は15時30分。