歴史の扉を開くことができるか。仏国産のシンエンペラー(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が、史上初となる皐月賞(3歳牡牝・GI・芝2000m)の外国産馬Vを狙う。

 シンエンペラーは父Siyouni、母Starlet's Sister、母の父Galileoという血統。全兄のSottsassは19年仏ダービー、20年ガネー賞、凱旋門賞の勝ち馬。半姉SistercharlieはG1・7勝を挙げている。22年のアルカナ・ドーヴィル1歳セールにて210万ユーロ(約3億円)で落札された。

 ここまで4戦2勝。昨年11月の新馬戦(東京芝1800m)は好位から抜け出して快勝。続く京都2歳Sは一転して後方からの競馬となったが、直線で馬群の中から伸びて差し切り。無傷の2連勝で重賞ウイナーの仲間入りを果たした。前々走のホープフルSはレガレイラ、前走の弥生賞はコスモキュランダに屈して2連敗中だが、いずれもレースぶりは悪くなかった。勝負所での反応の鈍さ、抜け出すとソラを使う癖など、課題は残るものの、きょうだい3頭目のGI馬となる資格は十分にある。

 外国産馬は02年に門戸が開かれて以降、14頭が出走。5番人気以内に支持された馬も4頭いたが、14年のアジアエクスプレス、20年のダーリントンホールの6着が最高着順となっている。皐月賞はもちろん、牡馬クラシック全体でも初となる外国産馬Vがかかる一戦。名門・矢作厩舎が送り出す世界的良血馬の走りに要注目だ。