大井競馬場で4月10日(水)に行われる東京スプリント(4歳上・JpnIII・ダ1200m)。5月のかしわ記念、6月のさきたま杯へとつながる前哨戦に位置付けられている。

 近年のダート短距離路線は地方も層が厚く、実力拮抗の好メンバーが揃う。今回も重賞ウイナー、オープン実績のある馬が多く出走し、激戦になりそうだ。ステップレースを制して、JpnI舞台へ駒を進めるのはどの馬か。発走予定日時は10日(水)の20時10分。主な出走馬は以下の通り。

■テイエムトッキュウ(牡6、栗東・木原一良厩舎)

 芝1400mのデビュー2戦は二桁着順だったが、1ハロン距離を短縮すると未勝利、1勝クラスと連勝。2勝クラスもすぐに突破した。その後、23年1月の初春Sでダートに転じると、いきなり2馬身半差の快勝。快足ぶりを砂でも変わらず披露し、4月の京葉S、12月のカペラSを圧勝した。地方のタフ馬場でもスピードが生きれば、重賞連勝のチャンス大。

■ギャルダル(牡6、船橋・川島正一厩舎)

 3歳時にも東京ダービー2着などの実績を残したが、本格化したのは昨年初め。年明けからOPを連勝して挑んだフジノウェーブ記念で初タイトルを獲得。その後は暮れまで休養したが、ビオラ賞、 川崎マイラーズを叩いて挑んだ同競走で連覇を達成した。初の1200m戦でも力比較では見劣りせず、スムーズに追走さえ出来ればビッグタイトルも近い。

■ヘリオス(セ8、栗東・西園正都厩舎)

 短距離からマイルまで、全国のダート重賞で活躍してきた古豪。今年で8歳を迎えたが、根岸Sで4着、かきつばた記念は2着と衰えはまったく感じない。前走の黒船賞5着は道中で外を回らされたもので、枠順が堪えた印象。スムーズに2、3番手を取れれば巻き返していい。これまで重賞勝ちは無く、6度の2着が最高。待望の初タイトルを狙う。

■ジャスティン(牡8、大井・坂井英光厩舎)

 20年に東京スプリント、東京盃、カペラSと重賞3勝した実績馬。その後も国内外の短距離重賞を沸かせ、昨秋からは南関東の大井に拠点を移している。暮れのゴールドCは4着に敗れたが、ワンターンの1200mがもっとも能力を発揮できる舞台。今回は巻き返しに注意したい。前走の結果で人気を落とすようなら、妙味もありそうだ。

 そのほかにも、根岸Sで2着に入ったアームズレイン(牡4、栗東・上村洋行厩舎)、今年初めにオープン特別を連勝したクロジシジョー(牡5、栗東・岡田稲男厩舎)、一昨年の3着馬ギシギシ(牡6、大井・栗田裕光厩舎)などが出走を予定している。