元プロ野球選手の「大魔神」こと佐々木主浩オーナーが所有するシヴァース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が、アーリントンカップ(3歳・GIII・芝1600m)で重賞初制覇を目指す。

 シヴァースは父モーリス、母ヴィブロス、母の父ディープインパクトという血統。母は16年の秋華賞と17年のドバイターフの覇者。伯父のシュヴァルグランは17年のジャパンC、伯母のヴィルシーナは13年と14年のヴィクトリアマイルを制している。いずれも佐々木オーナーと友道厩舎の黄金タッグだった。

 ここまでキャリアはわずか2戦だが、非凡なポテンシャルを示している。昨年11月の新馬(京都芝1600m)は中団から直線で最内に進路を取り、力強く抜け出して勝利。続く前走のきさらぎ賞は番手で我慢して、3角で内から先頭へ。そのまま押し切りを図ったものの、外のビザンチンドリーム、内のウォーターリヒトに首の上げ下げで僅かに屈して3着だった。とはいえ、内容は勝ちに等しいもの。重賞級の能力を秘めていることは間違いない。

 初戦はC.ルメール騎手、2戦目はM.デムーロ騎手と来て、今回は川田将雅騎手との初タッグとなる。頼れる鞍上を背に、今度こそ母仔重賞制覇といきたい。