昨年の大阪杯を制したジャックドールの半妹となるマリノエルドラド(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)が、土曜福島5Rの3歳未勝利(芝1200m)でデビューする。

 マリノエルドラドは父レイデオロ、母ラヴァリーノ、母の父Unbridled's Songの血統。半兄のジャックドールは23年の大阪杯、22年の金鯱賞と札幌記念を制した快足中距離馬。同じくディナースタはオープンで活躍中だ。

 昨夏に入厩してデビューを目指していたが、一旦放牧へ。2月にトレセンに帰ってくると、坂路とCWを併用して入念に乗り込まれてきた。10日のCWは時計こそ平凡だったが、格上のメイショウヒューマと同入しているので、態勢は整ったとみていいだろう。鞍上は藤岡厩舎所属のルーキー・高杉吏麒騎手。3kg減を味方に、人馬一体の走りで上位争いに食い込んでほしい。