今年の皐月賞は4月14日の「オレンジデー」に行われる。柑橘類の産地である愛媛県のJAによって制定。オレンジの花言葉は「花嫁の喜び」であり、加えて「繁栄」や「多産」のシンボルでもあることからオレンジを贈り合い、愛を深めてもらうことを目的に2月の「バレンタインデー」、3月の「ホワイトデー」に合わせて4月14日とした。そこで今回は「競馬のオレンジ(橙)は7枠」ということで、皐月賞の7枠の成績を調べてみた。

 84年のグレード制導入以降の皐月賞を振り返ると、7枠は[7-5-5-100]の勝率6%、複勝率15%。勝利数は8枠に次ぐ2位だが、これは単純に1〜6枠よりも出走数が多いため。勝率や複勝率は水準レベルとなっている。ただ、近3年に限ると、21年にタイトルホルダー(8番人気)が2着、22年にジオグリフ(5番人気)が1着、そして昨年はタスティエーラ(5番人気)が2着と、その勢いは8つの枠の中で一番と言えよう。

 では、4月14日のオレンジデーに行われた皐月賞に限るとどうか。愛媛県のかんきつ農家が発案したとされる94年以降で該当するのは96年、02年、13年、19年の4回だが、7枠は【0-1-0-11】で、13年2着のエピファネイア以外は着外に沈んでいる。残念ながら「オレンジ効果」は感じられない。

 ただ今年の7枠にはジャスティンミラノ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)、シンエンペラー(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)、サンライズアース(牡3、栗東・石坂公一厩舎)の3頭が入った。3頭出しの矢作厩舎のエース、そして無敗馬2頭という豪華ラインナップ。近年の皐月賞の7枠では最強布陣であることは間違いなく、オレンジデーにオレンジ帽が戴冠のシーンもありえそうだ。