今週の日曜日は、阪神競馬場でアンタレスS(GIII・ダ1800m)が行われます。

 過去10年で[3-3-1-6]ともっとも活躍している名古屋大賞典組が不在なのが今年の最大の注目ポイントでしょう。そこで台頭の可能性が高まるのが、近3年で[1-2-1-2]と好走確率の高い名古屋城S組。また、JpnIIのダイオライト記念組が[1-2-1-6]、東海S組が[1-0-2-5]の結果を残しており注意が必要です。

 一方、出走数が多いマーチS組は[0-2-3-49]で複勝率9.3%に止まっていました。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。そんな時に役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去のデータから導き出した消去法で、あなたの馬券検討をサポートします。

 昨年のアンタレスSでは、【残った馬】のプロミストウォリアとヴァンヤールがワンツー決着! また先週の桜花賞でも、【残った馬】のステレンボッシュとアスコリピチェーノが連対を果たしています。

 今週も、ケシウマの【残った馬】にご期待ください!

 ここでは、上位人気が予想される馬の死角となりそうなデータをひとつ紹介します。

【条件】
前走GIII以下のダート1700m以下戦出走
[0-0-0-14]複勝率0%
該当馬:スレイマン
(過去の主な該当馬:21年グリム5人気12着)

 距離短縮馬が過去10年で7勝2着5回の好成績を残している。一方、距離延長馬は苦戦傾向だ。とくにGIII以下のダート1700m以下戦からの臨戦馬は、軽視が正解だろう。

※データは過去10年間を対象にしている。

 上位人気が予想されるスレイマンが消去データに該当しました。

 近3走は1700m戦で安定した成績を残しています。なかでも前走のオープン特別の門司Sでは0.7秒差の圧勝です。また、2000mの仁川Sでの3着に加え、同舞台戦ではフェブラリーS優勝馬ペプチドナイルの2着の経験もあり、距離延長自体には不安はないといえるでしょう。ただしそれでも、1700m戦で[2-1-1-0]に対して1800m戦では[1-1-0-3]。延長馬劣勢の過去傾向と併せて考えると、評価を割り引く手はありそうです。

 はたして、ケシウマはどんな消去データを提示してくるのか。重賞レースの参考として、公開中の『パーフェクト消去法』を是非お役立てください。


ケシウマの予想を見る