4月13日(土)は中山・阪神・福島の3場開催。12日正午の馬場状態は、3場全て芝・ダートともに良。13日の天気も3場とも晴れの予報となっている。

■春の障害王決定戦中山GJでマイネルグロンが連勝を伸ばすか
 中山11Rは障害4250mの中山グランドジャンプ(J・GI)。障害5連勝中で、昨年の中山大障害を圧勝した、王者マイネルグロンが登場。前哨戦の阪神スプリングジャンプでも7馬身差で勝ち、ここも勝って6連勝が濃厚だ。対するは障害重賞2勝のジューンベロシティ、昨年の京都JSを勝ったエコロデュエル、昨年の覇者イロゴトシなど。

■アーリントンCで良血馬シヴァースの重賞初制覇なるか
 阪神11Rは芝1600mのアーリントンC(GIII)。差し優勢だったきさらぎ賞で先行して3着に入った良血馬シヴァースの重賞初制覇なるか。対するは既走馬相手の未勝利戦を圧勝したジュンヴァンケット、マイルへ短縮だった前走で、直線最後の200mで他馬をごぼう抜きしたディスペランツァなど。

■下総Sでホウオウバリスタのオープン入りなるか
 中山10Rはダート1800mの下総S(3勝)。堅実に常に上位争いに持ち込むホウオウバリスタ。3勝クラスに昇級してから6戦勝てていないが、ここで決めてオープン入りなるか。対するは昇級初戦の前走が好内容のアクションプラン、前走がミラクルティアラから0.1秒差の3着だったゴールドバランサーなど。

■山藤賞でショーマンフリートの巻き返しなるか
 中山9Rは芝2000mの山藤賞(3歳・1勝)。新馬戦を圧勝後、シンザン記念5着、共同通信杯10着と振るわないショーマンフリートが中山コースで本来の脚を見せるか。巻き返しが期待される。対するは弥生賞4着のエコロレイズ、シンハライトの仔で新馬戦を快勝したセイロンジェムズなど。

■荻野極騎手らが節目の勝利までわずか
 荻野極騎手はJRA通算200勝まであと1勝で、本日は福島で8鞍に騎乗する。嶋田純次騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は福島で1鞍に騎乗する。