13日、中山競馬場で行われた第26回中山グランドジャンプ(4歳上・オープン・芝4250m)は、中団から徐々にポジションを上げ、最後の3-4コーナーで先頭に立って後続を振り切った黒岩悠騎手騎乗の2番人気イロゴトシ(牡7、栗東・牧田和弥厩舎)が、直線で猛然と追い上げた5番人気ジューンベロシティ(牡6、栗東・武英智厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは4分47秒2(良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に3番人気ニシノデイジー(牡8、美浦・高木登厩舎)が入った。なお、1番人気マイネルグロン(牡6、美浦・青木孝文厩舎)は6着に終わった。

 勝ったイロゴトシは、父ヴァンセンヌ、母イロジカケ、その父クロフネという血統。昨年に続く中山グランドジャンプの連覇を達成した。

【勝ち馬プロフィール】
◆イロゴトシ(牡7)
騎手:黒岩悠
厩舎:栗東・牧田和弥
父:ヴァンセンヌ
母:イロジカケ
母父:クロフネ
馬主:内田玄祥
生産者:本田土寿

【全着順】
1着 イロゴトシ 2人気
2着 ジューンベロシティ 5人気
3着 ニシノデイジー 3人気
4着 エコロデュエル 4人気
5着 ビレッジイーグル 6人気
6着 マイネルグロン 1人気
7着 ダイシンクローバー 7人気
8着 ギガバッケン 9人気
9着 フロールシュタット 11人気
10着 ワンダークローバー 8人気
競走中止 タマモワカムシャ 12人気
競走中止 ポルタフォリオ 10人気