4月14日(日)は中山・阪神・福島の3場開催。14日の天気は3場とも晴れの予報となっている。

■皐月賞でレガレイラが76年ぶりの牝馬Vを狙う
 中山11Rは芝2000mの皐月賞(GI)。牡馬相手にホープフルSを快勝したレガレイラが、ここで2つ目のGIタイトルを狙う。勝てば76年ぶりの牝馬による優勝となる。対する牡馬は2戦2勝で共同通信杯を勝ったジャスティンミラノ、昨年の朝日杯FSの覇者ジャンタルマンタル、2戦連続2着のシンエンペラーなど。

■アンタレスSは力上位のハギノアレグリアスが中心
 阪神11Rはダート1800mのアンタレスS(GIII)。重賞2勝でここでは力上位のハギノアレグリアスが重賞3勝目を狙う。対するはダートで新味を発揮しているヴィクティファルス、前走の名古屋城Sを逃げ切ったテーオードレフォンなど。

■福島民報杯は連続好走のロングランが中心
 福島11Rは芝2000mの福島民報杯(L)。ディセンバーSを勝ち、小倉大賞典でも2着と好走したロングランが中心。対するは前走の京都記念で3着と復調ムードのバビット、日経新春杯で5着のカレンルシェルブルなど。

■春雷Sはサトノレーヴの巻き返しが濃厚
 中山12Rは芝1200mの春雷S(L)。サトノレーヴは連勝が途切れたが、10カ月の休養明けだった前走の阪急杯で4着と健闘。ここに入れば力上位は明白だろう。対するは力を付けているヨシノイースター、昇級もコース相性の良いユキノファラオなど。

■立雲峡Sでセオがオープン入りを狙う
 阪神10Rは芝1600mの立雲峡S(3勝)。現級でも堅実に走るセオがここは決めそうだ。前走は馬場が合わなかったところがあるが、今の馬場ならピッタリだろう。対するは決め手上位のヴィアルークス、前走が凄い末脚だったブリュットミレジメなど。

■国枝栄調教師のバースデー
 14日は国枝栄調教師の69歳のバースデー。管理馬は中山で3頭、福島で2頭が出走を予定している。

■地方競馬では2重賞、高知・二十四万石賞にユメノホノオが登場
 水沢競馬場では赤松杯(重賞)が行われ、重賞3連勝中のノーブルサターンなどが出走する。発走は18時05分。また、高知競馬場では二十四万石賞(重賞)が行われ、11連勝中の高知最強馬ユメノホノオが登場する。発走は18時15分。