土曜は3場揃って芝ダートともに良だった。日曜も同じようなコンディションでの競馬になるだろう。

 まずは中山。早朝に少し雨が降る予報だが、馬場に大きな影響はない。土曜の芝は前&内で運んだ馬の好走が目立ったが、その最大の要因はスローペースが多かったこと。ただ、勝負所のインが荒れている割に、そこを通った馬が踏ん張っているのも事実。外差しを決めるには展開利が欲しいかも。ダートは1200mに極端な傾向あり。圧倒的に外枠有利で、土曜3鞍の馬券圏内9頭中8頭が6〜8枠だった。距離を問わず、先団〜中団で運ぶ形がベター。サンデーサイレンス系はやや苦戦している。

 続いて阪神。芝はそれなりに時計が出ているが、逃げ馬は苦しく、差しが決まっている。ディープインパクト系は安定感あり。ダートは中団より前の組の決着が目立つ。

 最後に福島。芝は1200mが依然として前&内有利。一方、1800m以上は差しが決まっている。距離によって狙い方を180度変えたい。ダートはある程度の位置で運びたい。

【注目馬】
中山11R・メイショウタバル…適性が問われる馬場だったとはいえ、前走の勝ち時計は破格。折り合いがカギだが、前々でリズム良く運べれば、当時の再現があっていい。

阪神11R・テーオードレフォン…一戦毎に馬体重が増えているように、ここに来て充実している。前走同様に単騎で行けそうなメンバー構成なので、逃げ切りを期待したい。

福島11R・サンストックトン…いかにも差しが決まりそうな組み合わせ。4走前に3勝クラスを勝った時以来となる小回り芝2000mで見直したい。