北海道浦河町にある公益財団法人軽種馬育成調教センターが行う騎乗者養成研修「育成調教技術者養成研修」の第41期修了式が、12日浦河町内のホテルで行われ、1年間の研修を修了させた19歳から26歳までの24人がホースマンとしての第一歩を踏み出した。

 修了式に先立って行われた実技査問では1周800mのトラックコースを使って教官の指示どおりに馬を動かし、集まった父兄らを前に1年間の研修成果を披露し、修了式では研修代表が「ここで学んだことを活かして次のステージへと進んでいきます」と謝辞を述べた。

 24人全員が北海道内外の育成牧場への就職を決めている。