14日、中山競馬場で行われた春雷ステークス(4歳上・オープン・芝1200m)は、道中は先団の後ろにつけ、直線ではゴール前の接戦を制したJ.モレイラ騎手騎乗の1番人気サトノレーヴ(牡5、美浦・堀宣行厩舎)が、好位から脚を伸ばした2番人気サーマルウインド(牝5、美浦・奥村武厩舎)にアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分07秒1(良)。

 さらにクビ差の3着に3番人気ヨシノイースター(牡6、栗東・中尾秀正厩舎)が入った。

 勝ったサトノレーヴは、父ロードカナロア、母チリエージェ、その父サクラバクシンオーという血統。前走の阪急杯で4着に敗れ連勝は止まったが、断然人気に支持されたここでしっかりと巻き返した。

【勝ち馬プロフィール】
◆サトノレーヴ(牡5)
騎手:J.モレイラ
厩舎:美浦・堀宣行
父:ロードカナロア
母:チリエージェ
母父:サクラバクシンオー
馬主:里見治
生産者:白井牧場

【全着順】
1着 サトノレーヴ 1人気
2着 サーマルウインド 2人気
3着 ヨシノイースター 3人気
4着 カルネアサーダ 4人気
5着 カンチェンジュンガ 9人気
6着 ショウナンハクラク 11人気
7着 カワキタレブリー 14人気
8着 シナモンスティック 7人気
9着 ジュビリーヘッド 12人気
10着 メイショウソラフネ 6人気
11着 ユキノファラオ 8人気
12着 バンデルオーラ 15人気
13着 ヤクシマ 5人気
14着 ソウテン 10人気
15着 ファロロジー 13人気
16着 カイザーメランジェ 16人気