14日、高知競馬場で行われた第40回二十四万石賞(4歳上・重賞・ダ1900m・1着賞金1000万円)は、スタートで遅れるも、3-4コーナーで一気に前に並びかけて抜け出した吉原寛人騎手騎乗の1番人気ユメノホノオ(牡4、高知・田中守厩舎)が、2番人気ガルボマンボ(牡5、高知・細川忠義厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分05秒3(稍重)。

 さらに3馬身差の3着に3番人気デシジョン(牡5、高知・西川敏弘厩舎)が入った。

 ユメノホノオは父バトルプラン、母テレフォトグラフ、その父ハーツクライという血統。これで2022年11月からの連勝は12となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ユメノホノオ(牡4)
騎手:吉原寛人
厩舎:高知・田中守
父:バトルプラン
母:テレフォトグラフ
母父:ハーツクライ
馬主:須田 靖之
生産者:槇本牧場

【全着順】
1着 ユメノホノオ 1人気
2着 ガルボマンボ 2人気
3着 デシジョン 3人気
4着 モダスオペランディ 4人気
5着 ヒカリオーソ 5人気
6着 アイファーキングズ 9人気
7着 カドフィール 11人気
8着 ダノンジャスティス 7人気
9着 アヴァンセ 10人気
10着 デステージョ 6人気
11着 ダノンロイヤル 8人気