一昨年のホープフルSを制したドゥラエレーデの半妹となるバロネッサ(牝3、美浦・田中博康厩舎)が、フローラステークス(3歳牝・GII・芝2000m)で重賞初制覇を狙う。

 バロネッサは父ロードカナロア、母マルケッサ、母の父オルフェーヴルの血統。半兄のドゥラエレーデは22年のホープフルSの覇者で、芝ダート二刀流としては現役随一のトップホース。さらに伯父のサトノダイヤモンドは16年の菊花賞と有馬記念の覇者。伯母のリナーテは19年のUHB賞を制するなど、短距離戦線で活躍した。

 ここまで3戦1勝。昨年11月の新馬(東京芝1600m)が2番人気で3着、同12月の未勝利(中山芝1800m)が1番人気で2着と、続けて取りこぼした。それでも3戦目となった前走の未勝利(東京芝1800m)で待望の初勝利。それまでの2戦とは違い、スタートをしっかりと決めて番手で運び、全く危なげのないレース運びだった。

 今回は一気の相手強化となるが、前走の走りが再現できれば十分に通用する。振り返れば、兄もホープフルSを制した時は1勝馬の立場だった。妹も果敢な格上挑戦でのタイトル奪取といきたい。