前走でようやく重賞ウィナーの仲間入り。GIIになって更に相手強化だが、鞍上が手の内に入れて好態勢。確かに相手は強くなるが、コレペティトールの充実ぶりは本物で3連勝も十分だ。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■4/21(日) マイラーズC(4歳上・GII・京都芝1600m)

 コレペティトール(牡4、栗東・中竹和也厩舎)は共同通信杯こそ7着と冴えなかったが、その他は掲示板を確保しているように相手なりに走るタイプ。GIウィナーも出走して楽ではないが、ここに来ての充実ぶりは目覚ましい。前走で京都コースを勝っており再度、同舞台で連勝を狙う。鞍上は岩田康誠騎手。

 セリフォス(牡5、栗東・中内田充正厩舎)は約1年半、勝ち星を挙げられていないが、マイルCSを勝ち、香港マイルでも接戦のレースを演じている。休み明けになるが、溌剌とした動きを披露して仕上がりは良好。久々の勝利となるか。鞍上は川田将雅騎手。

 その他、海外遠征帰りも先週の追い切りの動きが軽快だった実績上位のソウルラッシュ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)、2走前が躓いて不完全燃焼だったソーヴァリアント(牡6、美浦・大竹正博厩舎)、京都コースが鍵も末脚鋭いボルザコフスキー(牡5、栗東・清水久詞厩舎)、重賞で常に見せ場十分のセッション(牡4、栗東・斉藤崇史厩舎)、力つけたトランキリテ(牡5、栗東・松永幹夫厩舎)も圏内。発走は15時35分。