名牝マリアライトを母に持つマリガーネット(牝3、美浦・久保田貴士厩舎)が、土曜東京4Rの3歳未勝利(芝2000m)で初勝利を目指す。

 マリガーネットは父レイデオロ、母マリアライト、母の父ディープインパクトの血統。母は15年のエリザベス女王杯と16年の宝塚記念の覇者。半兄のオーソクレースは20年のホープフルSと21年の菊花賞で2着だった。そして叔父のクリソベリルは19年のチャンピオンズCなどGIとJpnIを計4勝、伯父のクリソライトは13年のジャパンダートダービーなど重賞を6勝、叔父のリアファルは15年の神戸新聞杯の勝ち馬。さらに近親にはアロンダイト、ダンビュライト、ブラックスピネルなどの活躍馬が並ぶ。

 ここまで1戦0勝。今年1月の新馬(東京芝1800m)は0秒5差の5着だったが、追い切り時計がひと息だったことを考慮すれば、悲観する内容ではなかった。当時の馬体重の386kgが示すように、レイデオロの牝駒らしい軽量馬なので、芝の実戦向きであることは間違いない。今回は約3カ月ぶりの実戦とあって、成長が問われる一戦。願わくは少しでも逞しくなった体で、待望の初勝利といきたい。