力の違いを見せられるか。フェブラリーSで14着に大敗したオメガギネス(牡4、美浦・大和田成厩舎)が、土曜東京11Rのオアシスステークス(4歳上・リステッド・ダ1600m)で巻き返しを狙う。

 オメガギネスは父ロゴタイプ、母スタートアップ、母の父ハービンジャーの血統。祖母の全兄のヴィクトワールピサは10年の皐月賞と有馬記念、11年のドバイワールドCの覇者。同じく半兄のアサクサデンエンは05年の安田記念と京王杯スプリングC、スウィフトカレントは06年の小倉記念を制している。

 ここまで6戦3勝。今回と同舞台だった3走前のグリーンチャンネルCを、1分34秒3の好時計で3馬身半差の圧勝。ダート界のエース候補に名乗りを上げた。続く東海Sもウィリアムバローズには及ばなかったが、合格点といえる1馬身差の2着。それだけに前走のフェブラリーSで14着に大敗したのは意外だったが、結果的に初の詰まったローテーションが影響したのかも。いずれにしても力を出し切っていないことは明らかだ。

 今回は中8週としっかりレース間隔を取っているので、体調に不安はない。ここでは実績でも一枚上。初の59kgさえ克服できれば、圧勝までありそうだ。