20日、京都競馬場で行われたあやめ賞(3歳・1勝クラス・芝1800m)は、スタートで躓き道中は7頭立ての6番手、直線で一気に各馬を差し切った武豊騎手騎乗の2番人気ナムラフッカー(牡3、栗東・村山明厩舎)が、その内で競り合った3番人気ジャスティンガルフ(牡3、栗東・安田翔伍厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分46秒7(良)。

 さらに2馬身差の3着に4番人気テーオーダグラス(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)が入った。なお、1番人気ヒヒーン(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)は5着に終わった。

 勝ったナムラフッカーは、父スワーヴリチャード、母ナムラライラ、その父ルーラーシップという血統。松山弘平騎手の落馬負傷のため急遽乗り替わりとなった武豊騎手とのコンビで勝利を掴んだ。

【勝ち馬プロフィール】
◆ナムラフッカー(牡3)
騎手:武豊
厩舎:栗東・村山明
父:スワーヴリチャード
母:ナムラライラ
母父:ルーラーシップ
馬主:奈村睦弘
生産者:猿倉牧場

【全着順】
1着 ナムラフッカー 2人気
2着 ジャスティンガルフ 3人気
3着 テーオーダグラス 4人気
4着 スノーブリザード 6人気
5着 ヒヒーン 1人気
6着 ゼットスパンキー 7人気
7着 モンディーン 5人気