武豊騎手と国枝栄調教師の豪華タッグが、天皇賞(春)(4歳上・GI・芝3200m)のサリエラ(牝5)でGI初制覇を狙う。

 武豊騎手は87年にデビュー、国枝調教師は90年に開業。これまでJRAで88戦をともに戦い、13勝、2着11回、3着12回の成績を残している。20年の弥生賞のサトノフラッグで重賞初制覇。しかし、GIは5戦して99年マイルCSのブラックホークの3着が最高着順となっている。ちなみにこれがこのコンビでの重賞初参戦だった。

 天皇賞(春)にはサリエラで挑む。半兄のサリオスが19年の朝日杯FS、全姉のサラキアが20年の府中牝馬Sを制している血統馬。重賞は未勝利だが、22年のローズSが2着、昨年の目黒記念が3着。そして前走のダイヤモンドSでは初の長距離に対応して、テーオーロイヤルからクビ差の2着に食い下がった。ここは相手が強くなるが、53年のレダ以来、71年ぶりとなる牝馬の天皇賞(春)制覇も夢ではない。

 春の盾は武豊騎手が歴代最多の8勝、そして国枝調教師も一度制している。国枝調教師が26年2月で定年となるため、残されたチャンスは多くない。名伯楽の渾身の仕上げ、そしてレジェンドの手綱捌きに期待したい。

【武豊騎手&国枝調教師のタッグのJRA・GI成績】
・99年マイルCS…3着ブラックホーク(2番人気)
・00年阪神3歳牝馬S・5着タカラサイレンス(3番人気)
・20年日本ダービー・11着サトノフラッグ(4番人気)
・22年天皇賞(春)…15着ハヤヤッコ(11番人気)
・22年ジャパンC…11着ハーツイストワール(12番人気)