休み明けの前走もしっかりと2着を確保したドゥレッツァ。勝ち馬には離されてのものだが、道中はスムーズさを欠いたことを考えれば酌量の余地がある。菊花賞馬で京都へのコース替わり、距離延長は臨むところだ。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■4/28(日) 天皇賞(春)(4歳以上・GI・京都芝3200m)

 前走の金鯱賞は動きたいところで動けなかったドゥレッツァ(牡4、美浦・尾関知人厩舎)だが、立て直してからの伸び脚はさすがGI馬といったところ。勝ち馬のプログノーシスは中京コース巧者で、あのイクイノックスとも張り合った強者だった。その馬に真っ向勝負しての2着なら上等だろう。前走をひと叩きして型通り良化し、目標のこの大舞台へ。3歳春のクラシックに出られなかった分、余力と成長力が十分でGI2勝目を奪取する。鞍上は戸崎圭太騎手。

 2年前のこのレースで3着と好走しているテーオーロイヤル(牡6、栗東・岡田稲男厩舎)だが、その後、めきめきと成長を遂げて前走の阪神大賞典で2着に5馬身差をつける圧勝。前々走は辛勝とはいえ、トップハンデを背負ってのもので充実一途だ。この中間の追い切りでもパートナーが入念に感触を掴む念の入れよう。初めての京都コースになるが、直線平坦のコースはむしろ好都合で大金星を挙げることも可能だ。鞍上は菱田裕二騎手。

 その他、前走の敗因が不明確だが巻き返しが期待されるダービー馬タスティエーラ(牡4、美浦・堀宣行厩舎)、昨年の菊花賞5着で良馬場なら一変が可能なサヴォーナ(牡4、栗東・中竹和也厩舎)、そのサヴォーナを2走前の日経新春杯で負かしているブローザホーン(牡5、栗東・吉岡辰弥厩舎)、前走AJCCで重賞初制覇したチャックネイト(セ6、美浦・堀宣行厩舎)も侮れない。発走は15時40分。