71年ぶり2頭目の偉業なるか。ディープインパクト産駒のサリエラ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)が、天皇賞(春)(4歳上・GI・芝3200m)でGI初制覇を目指す。

 サリエラは父ディープインパクト、母サロミナ、母の父Lomitasの血統。半兄のサリオスは19年の朝日杯FSなど重賞4勝。全姉のサラキアが20年の府中牝馬Sを制し、同年のエリザベス女王杯と有馬記念が2着だった。

 ここまで8戦3勝。休み休み使われていることもあってキャリアが浅く、重賞は未勝利だが、ポテンシャルは高い。22年のローズSが2着、昨年の目黒記念が3着。そして前走のダイヤモンドSでは初の長距離に対応して、テーオーロイヤルからクビ差の2着に食い下がった。昨年のエリザベス女王杯(6着)以来、2回目のGI参戦となる今回、当時と同じ栗東滞在で調整。仕上げに抜かりはない。

 管理するのは名伯楽・国枝栄調教師、鞍上はレジェンド・武豊騎手。おぜん立ては整った。53年のレダ以来、71年ぶりとなる牝馬の天皇賞(春)制覇を期待したい。