元厩務員の経歴を持つ敏腕記者・スポーツニッポン田井秀一氏が22日、netkeibaTV『前走から一変! 好調馬体チョイス』に出演。28日(日)に京都競馬場で行われる天皇賞(春)(4歳上・GI・芝3200m)出走馬の中から、馬体・状態が大きく変わってきた好走期待馬について解説した。

 田井氏は複数の馬名を挙げたが、テーオーロイヤル(牡6、栗東・岡田稲男厩舎)を真っ先にピックアップした。「前走時に仕上がりすぎて、本番まで出来をキープできるか不安になった」と口にしたが、「結論からいえば杞憂に終わった」と発言。毛ヅヤや皮膚の薄さ、血管の浮き上がりなどをポイントに挙げ、「今回も素晴らしい馬体写真だと思う」「臀部の筋肉の張りという点では前走以上にも映る」と絶賛した。

 続けて「筋肉の質は昨秋とは比べものにならないほどに洗練されている」「前躯の充実が顕著で、下り坂でもしっかり馬体を支えることができるでしょう」と解説。当週の最終追い切りで前走時と同様の動きができていれば「凡走は考えづらいです」と悲願のGI初制覇を期待した。



【関連記事】