イオシスホールディングス4月1日、丸紅と資本業務提携を行ったと発表した。イオシスの販売・仕入のチャネル拡大や、取扱商品の拡充等を推進し、サービスの充実を図る。

イオシスホールディングスは、子会社のイオシスを通じて、秋葉原や新宿、大阪、兵庫、名古屋、福岡などの店舗や、ECサイトにおいて、リユースIT機器(スマートフォン、タブレットのモバイル機器やパソコン等)の販売・買取、レンタル事業を展開。同じく子会社のアレスタを通じて、リユースIT機器の検品や再生業務を行っている。

このほど、丸紅との資本業務提携を締結した。これによりイオシスホールディングスは、丸紅の持分法適用会社となった。

丸紅は、子会社のモバイルケアテクノロジーズを通じて、スマートフォン・PC等のリユース事業を展開してきた。

昨今、リユースモバイル・PCを取り巻く事業環境は、大きく急速に変化し、顧客のニーズも多様化しているとし、イオシスホールディングスは、本資本業務提携によりイオシスの販売・仕入のチャネル拡大や、取扱商品の拡充等を行い、顧客がより一層満足できるサービスを実現するべく尽力していく考えを示した。さらにコーポレート機能を強化し、より強固な経営基盤を目指す。