東武鉄道と日立製作所は4月11日、「東武ストア」において、生体認証を活用したデジタルアイデンティティの共通プラットフォームの第1弾として、指静脈認証を活用し、決済、ポイント付与、年齢確認をワンストップで実現するセルフレジの導入を開始する。これに伴い、利用者への「TOBU POINT」の進呈などの利用促進キャンペーンを開催する。利用者の利便性向上、セルフレジの利用率向上を図る。

東武鉄道と日立製作所は、東武鉄道が東京都、埼玉県、千葉県の首都圏で展開しているスーパーマーケット「東武ストア」において、指静脈認証を活用し、指を専用装置にかざすだけで、決済やポイント付与、年齢確認ができるセルフレレジを導入する。対象は埼玉県内の3店舗で、4月11日に越谷店、4月25日にみずほ台店、5月9日に新河岸店に順次導入する。

決済については、決済代行会社のDGフィナンシャルテクノロジーの協力のもと、指静脈認証でのクレジットカード決済を提供する。

生体認証を活用したデジタルアイデンティティの共通プラットフォームの第1弾となり、利用には事前に日立が提供する専用サイト「アイデンティティポータル」への会員登録が必要。属性情報、決済手段であるクレジットカード、自動連携したいポイント会員情報などを登録する。

「アイデンティティポータル」と東武の提供するポイント「TOBU POINT ID」は相互に登録情報の連携が可能で、「TOBU POINT」をすでに利用している場合、登録情報を連携すると「アイデンティティポータルへ」の入力情報を一部省略できる。さらに「アイデンティティポータル」で「TOBU POINT」連携を行うと、住所情報などの登録情報の変更の際に「TOBU POINT」の情報も同時に書き換えられ、利用者は一括での情報修正が可能になる。

「アイデンティティポータル」登録後に、「東武ストア」店舗内の特設カウンターにて本人確認を行い、専用装置で指静脈を登録し、生体情報と事前登録した個人情報データを紐づける。



買い物時は、購入したい商品のバーコードをセルフレジでスキャンし、決済方法として「指静脈認証」を選択。その後、指を専用装置にかざすだけで決済、ポイント付与、年齢確認が行える。

その他、「アイデンティティポータル」には、希望に応じて消費財メーカーのIDの登録が可能。これによりID登録後の購買動向を踏まえた最適なクーポン配信などが可能になるほか、生体認証を利用して購入した人は、商品購入者限定キャンペーンなどに手軽に応募ができる。キリンホールディングスが提供するキリンIDの登録が可能で、キリンは今後、生体認証を利用したキリン商品の購入者属性情報の分析を通して、各種クーポンなど購入者向けのサービスを検討予定としている。

今回の取り組み開始に伴い、多くの人に手ぶらでの買い物体験をしてもらうため、対象期間中の会員登録・生体認証の利用で「TOBU POINT」の20%ポイントバック、最大5000ポイント進呈を行う利用促進キャンペーンも実施する。

東武グループでは今後、「東武ストア」の利用可能店舗を拡大するだけでなく、商業施設、ホテル、アミューズメントなど、幅広い分野への導入も計画している。さらに東武と日立は、さまざまな店舗・サービスにおける導入を促進するため、導入企業への提案を進めていくとし、本プラットフォームの取り組みを通じ、人々の生活をより豊かにする社会インフラの構築を推進する考えを示した。