フィルター技術専門企業のN2CELL JAPANは3月11日、国内NO.1の繊維学を誇る信州大学繊維学部との共同研究により開発した新しいマスク「BREATH SILVER(ブレスシルバー)」の販売を開始した。店頭に先駆け、まずはECにて販売する。

【<画像7点>ハイテクマスク「BREATH SILVER」のデザインや機能はこちら】

最先端の技術が搭載されているという「BREATH SILVER」は、フィルター技術専門企業であるN2CELL JAPANと、国内NO.1の繊維学を誇る国立大学、信州大学繊維学部が共同研究・開発し、有害物質のブロック、通気性の良さ、抗菌などの機能性、さらにデザイン性にもこだわったハイテクマスク。直径PM0.1のナノファイバーフィルターを内蔵し、PM30の花粉はもちろん、PM2.5(微小粒子状物質)などの有害物質、PM0.7のたばこの煙まで完全にブロックできるという強みを持つ。日本の繊維認証における唯一の公認機関である一般財団法人カケンテストセンターによるテストで、PM0.1以上の有害物質を99%以上カットする製品であることが立証されている。



さらにアメリカ環境保護局(EPA)に登録されている抗菌複合体カプセル”SSNC”(特許登録および海外出願完了)を用いて、650種以上の細菌やMRSA、O-157などの感染症を引き起こす有害菌に対する99.9%の抗菌性を保持しており、口臭などの不快なにおいを抑える効果もあるとしている。数多くの超微細気孔が均一に存在し、肌のように柔らかい素材の為、通気性・着用性が非常に優れているうえ、立体型の形状によりマスクがほとんど唇に触れない仕組みになっており、口紅やグロスによるマスク汚れも防げるという特徴も備える。



「BREATH SILVER」は、アメリカのEPA、日本のカケンテストセンター、韓国のFITIなどの有数の専門テスト機関において、花粉微粒子ろ過効率・抗菌テスト・ウイルス飛沫捕集ろ過効率テスト・皮膚刺激テスト等の試験を受け、信頼あるブランドとして認められている。「Yahoo!ショッピング」および「楽天市場」にて販売を開始しており、店頭では3月下旬より全国展開の予定。