フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリは3月17日、「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングと、「メルカリ」のマーケットプレイス上で、ファーストリテイリンググループの商品がより安心・安全に取引できる環境の構築を目指し、両社が共同で様々な取り組みを実施する「マーケットプレイスの共創に関する覚書」を締結した。情報連携を通じ、新商品発売前後の注意喚起や権利侵害品対策の強化を図る。

フリマアプリ「メルカリ」では、「ユニクロ」が3年連続で出品・購入ともに最も多く取引をされているブランドに選ばれるなど、ファーストリテイリンググループブランドの様々な商品が流通している。本協定では、「いつでも、どこでも、誰でも、ほしい商品が手に入れられる」環境の実現を掲げる一次流通事業者のファーストリテイリングと、二次流通事業者のメルカリが商品情報や発売情報を事前に共有し、特定の新商品発売前後の注意喚起や権利侵害品対策など緊密に連携することにより、両社の顧客の混乱を回避し、より安全・安心に取引ができる環境の構築を目指す。

「マーケットプレイスの共創に関する覚書」において、ファーストリテイリングは、メルカリに対する特定の新商品発売情報や商品情報、商品画像などの提供、Webサイト等での注意喚起の実施、店舗で混乱が起きると予想される場合、入場制限を行うなど必要な措置の実施を行う。一方、メルカリは、ファーストリテイリングからの情報提供に基づいた、「メルカリ」アプリ上や公式ブログでの特定の新商品に関する注意喚起、ファーストリテイリングと協議の上、合意した特定の商品について、「メルカリ」の利用規約に違反する出品への削除対応を実施する。

メルカリは、本協定に基づき、ファーストリテイリングとともに、利用者がより安心・安全に両社の商品・サービスを利用できる環境の構築に努めていく考えを示した。

メルカリは2021年1月、メルカリのマーケットプレイスに参加するすべての人の拠り所となる基本的な考え方をまとめた「マーケットプレイスの基本原則」を公開しており、今後、様々な一次流通企業との対話や連携を強化し、利用者に適切な情報を提供していくことで、誰もが安心して参加できるマーケットプレイスを目指すとしている。