ユナイテッドアローズは4月1日、新部門のDX推進センターを設立する。デジタル技術を駆使した新たな顧客価値の提供、OMO時代に向けたビジネスモデルの確立を推進する。さらに、同日付でコメ兵にてマーケティングやデジタル戦略を担った実績のある藤原義昭氏を執行役員DX推進センター担当本部長、CDO(チーフ デジタル オフィサー)として招へいする。

DX推進センターは、自社ECサイトを含む各種EC店舗の運営、ハウスカードプログラムを通じたCRM戦略の立案・実行、ウェブサイトやSNSなどのオウンドメディアやソーシャルメディア運営などを行うデジタルマーケティング部と、IT推進、システム管理、情報セキュリティ管理などを行う情報システム部、2022年3月期中のリニューアルを目指して自社ECサイトの開発を行う自社EC開発室を傘下に持つ。加えて、デジタル技術を活用した業務効率化などを行う業務改革機能を持った新部門となる。

DX推進センターの取り組みテーマには、ユナイテッドアローズ オンラインストアのリニューアル、サプライチェーンのデジタル化、接客活動のデジタル化(オンライン接客など)、商品・販売・宣伝活動の連携へのデジタル技術活用、人事活動のデジタル化・タレントマネジメントの実施の5項目を掲げる。

近年のデジタル化加速に伴い、消費者のニーズや購買行動は大きく変化している。この変化に対応し、今まで以上に深く顧客を理解し、新しい体験価値を実店舗とECを通じて提供することをDX化推進の最大の背景に挙げた。2022年3月期中のリニューアルを予定している「ユナイテッドアローズ オンラインストア」のリニューアルを皮切りに、顧客をより深く理解した上で、実店舗やECサイト、各種SNSなどのチャネルを通じ、場所や時間の制約を超えたシームレスな接客サービスを提供したいとしている。

同時にDXセンターが各部門と連携し、商品企画、商品調達、在庫管理、物流、実店舗運営、ネット通販運営、人事施策等、企業活動の各局面にデジタル技術を導入することで社内フローを最適化させ、生産性の向上を図る考えだ。