TSIホールディングスはこのほど、ファッション通販サイト「MIX.Tokyo(ミックスドットトーキョー)」を「コーディネート検索型」のECモールとしてリニューアルオープンした。販売スタッフによるコーディネートやおすすめをそのままコンテンツとし、コーディネートからアイテムを探すことができる。メインコンテンツであるスタッフコーディネートを作成・投稿するためのシステムには、バニッシュ・スタンダードが提供する「STAFF START(スタッフスタート)」を導入した。

この春リニューアルした「MIX.Tokyo」は、「お気に入りのコーディネートを『見つける』&コーディネートからファッションアイテムを『探す』」がコンセプトの「コーディネート検索型」のECモール。TSIホールディングスの展開するブランド所属の店舗スタッフによるコーディネートが、コンテンツの主役となる。サイトを訪れたユーザーは、身長や年齢、性別さらに好みのテイストやシーンによってコーディネートを検索することができ、スタッフのコーディネートを軸に商品を探すことができる。


リニューアルした「MIX.Tokyo」

「STAFF START」は、店舗に所属するスタッフをDX化し、自社ECサイトやSNS上でのオンライン接客を可能にするStaff Techサービスで、アパレルや化粧品ブランドを中心に1200を超えるブランドに導入されている。店舗スタッフが撮影したコーディネート写真に商品情報を紐づけ、ブランドの自社ECサイトなどに投稿する「コーディネート投稿機能」や、コーディネート投稿などを店舗スタッフ個人の「Instagram」などのSNSに同時に投稿することができる「SNS投稿機能」などを搭載しており、もっとも多くの企業で利用されているという「コーディネート投稿機能」は、投稿を通じて商品紹介やコーディネート提案といった接客対応を行うことができるうえ、スタッフの投稿を通じて達成されたEC売上は可視化され、スタッフ個人や所属する店舗の実績として評価に利用することも可能となっている。

「MIX.Tokyo」の担当者は、「TSIホールディングスは、50以上のブランドを持ち、メンズ、レディースはもちろん、セレクト系からストリート系まで幅広いポートフォリオを持つブランドの集合体であることが特徴です。ブランドの個性を最大限生かし、店舗と連動したブランド毎のECサイト(TSIでは「O2Oサイト」と呼んでいます)の運営に注力してきました。

その一方で「MIX.Tokyo」は、ブランドECサイトへのテストマーケティングの場としてこれまで機能してきました。今般、「O2Oサイト」の人気コンテンツである「STAFF START」のサービスをフルに活用することにより、各ブランドのスタッフが表現する個性的なコーディネートを身長やシーン、テイスト等の項目で横断的に検索ができるサイトとしてリニューアルしました。

今回のリニューアルを契機にシステムも増強できたので、今後はTSIブランド参加数を増やすとともに、OMO視点のサービスを増やしていく計画です。合わせて、そこで活躍する販売員評価制度の再構築にも着手しており、グループを体現するスタッフECサイトとして成長させていきたいと考えています」とコメントした。