注目の4アイテムを紹介
夏本番を前に、アイスクリームメーカーが注目されている。コロナ禍の「おうち時間」が続く中、さまざまな価格や種類、デザイン性の高い商品が登場している。中でも「作る時間」や「アレンジ性」を重視した商品が注目される。作ったアイスがSNSで情報拡散しやすいことも人気を左右しそうだ。記者が集めた注目の商品を紹介する。



 アントレックス「yonanasu」 
凍らせた材料で作る新食感ヘルシースイーツ
卸売りやEコマース事業を手掛けるアントレックスは2016年から、凍らせたフルーツや野菜で作る新食感のヘルシースイーツ「yonanas(ヨナナス)」を販売している。価格は税込4064円で、色は「ピンク」「ホワイト」「イエロー」「シルバー」の4色。


「yonanas/アイスクリームメーカー クラシック901」

販売数は、コロナ前よりも大きく伸長。家庭内での手作り需要を捉えている。雑誌の掲載やお笑い芸人の麒麟・川島明がテレビで紹介したことも販売増加に寄与している。

ヨナナスは、機器に凍らせた材料を入れてつぶすだけ。すぐに、新食感のスイーツを作ることができる。ミルクや砂糖、卵などは不要で、摂取カロリーを抑えられる。材料をそのまま凍らせて作るため、食材が持つ栄養を摂取することもできる。複数人分必要の場合、パーティー用スイーツとしても楽しめる。使用後の手入れは、丸洗いが可能。食洗器にも対応できるため、メンテナンスしやすい設計になっている。


使用中のイメージ

商品を購入した消費者からは、「アイスでもシャーベットでもない、不思議な食感のスイーツ」「子どもと一緒に楽しく作ることができた」といった声が寄せられているという。



 ダイアモンドヘッド「ROOMMATEホームメイドアイスメーカー・ネオ」 
透明な氷を簡単に素早く 最短約25分で作れる製氷機
ダイアモンドヘッドが展開するブランド「ROOMMATE(ルームメイト)」は、タンクに水を入れて透明な氷を簡単に素早く作れるアイスメーカー「ROOMMATEホームメイドアイスメーカー・ネオ」を販売している。

自宅で気軽に、硬い透明な氷が最短約25分で作れる製氷機。タンクに水を注入し電源を入れ、選択ボタンで氷のサイズを選びスタートボタンを押すだけで誰でも簡単に氷が作れる。コロナ禍で、自宅で過ごす時間が多い時期に、急な来客やパーティーに活用できる。「男性は家飲み、女性は調理などの利用が多い」(広報)と話す。


アイスメーカー「ROOMMATEホームメイドアイスメーカー・ネオ」

水タンクは2.5リットルの容量で、氷バスケットは1000グラムまで貯めることができるため、一度に多くの量を作れる。氷のサイズはジュース、カクテル、ウィスキーには大、刺身やちょっとした料理の飾りには小など、使用シーンでサイズが選べる。

大きさは幅290×奥行き360×高さ250ミリメートル。連続使用時間は168時間(1週間)。



 ドウシシャ「大人のふわふわかき氷器 コードレス」 
通年使えるかき氷器 酒やドレッシング作りも
在宅時間の長時間化や「巣ごもり消費」が後押しとなり、かき氷器の受注が伸びている。ドウシシャが販売する「大人のふわふわかき氷器コードレス」は、かき氷だけにとどまらず、カクテルやドレッシングなどにも使える点が魅力。子どもも大人も、家族全員で楽しめる。

かき氷を楽しむために氷を削るだけでなく、酒、ドレッシング、パスタの冷製ソースなどさまざまな料理に活用できる。ハンディタイプなので女性や子どもでも扱いやすい。背の高いグラスの上など、どこにでも削れる。


ハンディタイプで扱いやすい

本体が細身で収納しやすい点も重宝されている。「小ぶりな上、デザイン性も高いのでキッチンに出しっぱなしでも違和感がない。かき氷のシーズン以外でも1年中使っていただける製品を目指して開発した製品」(第2営業企画 青木響氏)と話している。かき氷器は大きく場所をとりデザインも派手。夏以外のシーズンは出しっぱなしだと違和感がある、といった従来の悩みを解消した製品となっている。
 
「在宅時間の長期化で、食事の時間は楽しみの一つになりやすい。『大人のふわふわかき氷器コードレス』は会話のきっかけになったり、一家団らんを彩るのではないかと思っている」(同)。


かき氷以外の料理にも使える

価格は税込4378円で、本体の色は「ミントブルー」と「チェリーピンク」2種類。本体のカラーは昨年、刷新した。単三アルカリ乾電池4本を動力とする。



  エム・ジー関ケ原「大理石アイスプレート」
自宅で本格プレートアイス イタリア産の大理石を使用
ECサイト「石専門店ドットコム」を運営するエム・ジー関ケ原は2016年から、自宅で本格的なプレートアイスが作れる「大理石アイスプレート」を販売している。
 
今夏も、「おうち時間」を充実させる商品として需要は高いとみている。子どもの夏休みシーズンに合わせて販売が増加しそうだ。「大理石アイスプレート」(税込価格1万4080円)は、イタリア産の本格大理石を使用しているのが特徴だ。


プレートのセット

プレートを冷凍庫で3時間冷却してから、利用する。冷えたプレートに、好きなアイスクリームや、チョコレート、フルーツなどを混ぜてプレートアイスを完成させる。ラップをプレートの上に敷くことで、味やフレーバーが混ざるのを防ぎ、後片づけも簡単になるという。


プレートでまぜる

大理石は自社で加工しており、持ち運びしやすい仕様にしている。サイズはA4のため、持ち運びが簡単で専用のトレーにピタリとはまるようにんっている。
付属している専用のトレーは、岐阜県東南部の東濃地方産のヒノキを使用している。
 
「具体的な販売個数は非公表だが、過去にユーチューバーに紹介されたことで売り上げは伸びた」(田中正人社長)としている。