食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地は6月9日、EC食品宅配サービス「Oisix」において、力の源ホールディングスが運営する人気ラーメン店「一風堂」監修のミールキット商品、Kit Oisix「一風堂監修!豆乳仕立ての豚骨ラーメン」を発売した。ユーザーからの支持に応えるとともに、在宅率が高まる昨今のランチ需要に対応を図った。7月までに一風堂監修の「Kit Oisix」商品3品の展開を予定している。

【<画像5点>「一風堂監修!豆乳仕立ての豚骨ラーメン」の内容や完成イメージ】

「Oisix」の「Kit Oisix」は、必要量の食材とレシピがセットになったミールキット。今回発売した「一風堂監修!豆乳仕立ての豚骨ラーメン」は、人気ラーメン店「一風堂」が監修。レシピは、この商品のために開発されたオリジナルメニューで、空心菜、ミニトマト、玉ねぎといった野菜を使用し、手軽でありながらたっぷり野菜を摂ることが可能だ。「一風堂」の原点である”白丸”豚骨スープをアレンジし、本商品のために開発したスープを使用しており、豆乳を加えることでより一層まろやかな味わいになっている。「一風堂」のオリジナル細麺や、途中で味に変化をもたらす「玉ねぎ入り辛味だれ」の材料もセットになっており、お店で食べる際のような ”特別感”を体験することができる。


「一風堂監修!豆乳仕立ての豚骨ラーメン」セット内容(左)と玉ねぎ入り辛味だれ(右)

リモートワークの推奨に伴い、昼食を家庭で作る・食べる機会が増えているが、時間を有効に使える一方で、手間をかけずに作ることのできるメニューがマンネリ化しがちとなっている。ミールキットは、必要量の食材とレシピ、調味料がセットになっているため、ゼロから食事の準備をすることなく短時間で本格的な味を再現できるという特徴がある。お店に足を運ばなければ食べることのできない本格的なラーメンを10分で調理できる本商品は、普段と一味違うランチが手軽に作れ、ランチメニューのマンネリ防止に貢献する。価格は2人前1609円(税込)で、販売期間は7月1日まで。

「Oisix」では2017年より、「一風堂監修!野菜たっぷりベジポタラーメン」など、「一風堂」監修の「Kit Oisix」を3商品を展開。いずれの商品も想定以上の販売数になるなど顧客の熱い支持を得ており、再販売を繰り返し行っている。

今回は、「一風堂監修!豆乳仕立ての豚骨ラーメン」を皮切りに、7月8日には、Kit Oisix「一風堂監修!爽やかレモンの豚骨ラーメン」(2人前1501円/税込)、7月15日には、Kit Oisix「一風堂監修!からか鍋」(2〜3人前3229円/税込)と、全3商品が発売予定となっている。発売にあたり、開発を担当する「一風堂」商品本部の冨田英信氏は、「ご家庭でも楽しめる商品作りを目指しております。Kit Oisixでしかお召し上がり頂けない特別なメニューを堪能ください」とコメントした。