アパレル事業を展開するヒューマンフォーラムは、古着から新商品まで幅広い商品を取り扱うアパレルブランド「SPINNS」の、ECサイトやアプリを運営している。2021年3月からは、「サイズ感が分からない」という理由で購入をためらう人が出ないよう、ボトム・古着・シューズの返品の無料受け付けサービスを開始した。「SPINNS」のコンセプトは、「ATTITUDE MAKES STYLE!、主張がスタイルをつくる!」。18~22歳くらいの若者の顧客が多いという。

実店舗をきっかけに、SPINNSのファンになり、ECに流入する人が非常に多いという。


SPINNSの自社ECサイト

2020年3月末に、横浜に新店舗をオープンしたところ、ECでも、神奈川県の新規顧客が増えた。2020年5月度のEC売上高は前年同月比で30%増になったという。

インスタグラムやツイッター、ティックトックでSPINNSを知り、商品購入に至る顧客も多い。

ファッション雑誌を見た読者から問い合わせが寄せられることも多く、認知拡大につながっている。雑誌への広告出稿は行っていないが、若者に知名度の高いブランドであるため、SPINNSのアイテムは毎月平均で3~4媒体の雑誌に掲載されているという。

ECサイトには、雑誌で紹介された商品を紹介するページも作っている。雑誌の掲載商品を探して購入する人も少なくないという。顧客に、ブランドを知ったきっかけについてアンケートを取ると、「雑誌」を挙げる人が多いという。


サイトではコーディネートや雑誌掲載アイテムなどを紹介している

同社では、コロナ禍の中、2020年7月から、ボトムのみ返品送料無料の対応を行っていた。2021年3月には、さらに拡充し、「ボトム・古着・シューズの返品送料無料」のサービスを開始した。

「サイズ感が分からないことを理由に、商品の購入を躊躇(ちゅうちょ)する顧客が多かった」(SPINNS EC事業部・酒井紗也佳氏)と話す。写真や採寸情報をサイトに掲載しているが、実際に着てみた際に、「何か違う」などと違和感を覚える人は少なくないのだという。「新サービスで、そうした不安を解消し、ショッピングを楽しんでもらえるようにしたい」(同)と言う。

SPINNSでは、アイドルやYouTuber、アニメキャラクターなどと多数のコラボを展開している。コラボも新規顧客の獲得に貢献しているという。

同社は現在、自社サイトのリニューアルも検討している。通販に慣れていない人にとっても利用しやすいUI・UXに変えていきたいとしている。


「SPINNS公式通販」
https://www.spinns.jp/