国内外のビジネス展開が可能なECプラットフォーム「Cafe24(カフェ24)」を運営するCAFE24 JAPANは7月20日、台湾最大のECモールを運営するPChomeグループ傘下の比比昂(PChome Bibian)とシステム連携を行い、台湾向け越境ECをシームレスに実現したサービス「BB-Checkout Bar」の提供を開始した。

ECプラットフォーム「Cafe24」とPChomeグループ傘下の「PChome Bibian」は、人気が高まっている日本商品を台湾の消費者がシームレスに購入できるサービス「BB-Checkout Bar」のシステム連携を実現した。台湾EC最大手のPChomeグループが運営する「PChomeオンライン」は、会員数1200万人を持つ台湾代表のECモールで、台湾国内では注文後24時間以内にお届けする配送システムや多様な決済サービスを提供している。

今回の連携により、「Cafe24」を利用するEC事業者は、自社サイト向け拡張機能を提供する「Cafe24 Store」にて「BB-Checkout Bar」をインストールするだけで簡単に台湾ユーザーへ越境ECを通じた販路拡大が可能になる。「BB-Checkout Bar」を実装した自社サイトは、「PChome Bibian」において中国語で紹介されるため、日本語の分からない台湾ユーザーでも安心して商品を購入することができる。

台湾ユーザーからの注文や決済業務、台湾国内の配送業務もPChome Bibianが行い、台湾までの国際配送はSGホールディングスグループの国際貨物事業、物流倉庫事業を担うSGHグローバル・ジャパンが対応する。「Cafe24」を利用する事業者は「BB-Checkout Bar」を通じて購入された商品をPChomeBibianの倉庫へ国内配送するだけで台湾の購入者へ商品を配送することができ、国内販売と同様に台湾向けの越境ECをシームレスに手間なく展開し、ビジネス成長を目指すことができる。


PChome Bibianフローイメージ図

今後もCafe24 JapanとPChome Bibianは、台湾向け越境ECで販路拡大を検討する国内企業の成長を支援ができるよう、連携を強化していく。


<拡張機能の詳細はこちら>
https://store.cafe24.co.jp/apps/5430

「Cafe24」
https://cafe24.co.jp/