ホームセンターチェーンを運営するコメリは9月14日、ヤフーが運営するオンラインショッピングモール「PayPayモール」の「実店舗在庫サービス」を利用し、同モールに出店中の「コメリドットコム」における取り置きサービスを提供すると発表した。サービス開始は2022年2月を予定している。実店舗とネットショップの連携による利用者の利便性向上を図る。

「PayPayモール」の「コメリドットコム」において提供を決定した「実店舗在庫サービス」は、実店舗にある商品の検索・注文と、店頭受け取りが可能なサービス。在庫がある商品を店舗で受け取ることで、利用者には「送料がかからない」「自分の欲しいタイミングで受け取れる」「実物を見て受け取りできるため安心」などのメリットがある。

「実店舗在庫サービス」の対象の商品には、検索結果や商品ページ上で「実店舗在庫」ラベルが表示され、利用者は実店舗の在庫を確認できる仕組みだ。利用者は購入時に、在庫のある実店舗での受け取りか、従来通りの自宅などへの配送かを選ぶことができる。ラベル表示に加えて、商品の受け取りが可能な実店舗が地図表示されるため、利用者は商品ページ内で一定エリア内の複数店舗の在庫状況を一度に確認でき、近隣など自身にとって望ましい店舗での受け取りを選ぶことができる。

「PayPayモール」の「コメリドットコム」店における「実店舗在庫サービス」の提供開始は2022年2月の予定。「コメリパワー店舗」から実施し、順次サービス対象店舗を拡大予定としている。

コメリは2014年より、自社ECサイト「コメリドットコム」において、コメリ店舗の在庫情報をネット上で公開し、ネットで注文、店舗で受け取りができる「取り置きサービス」を提供している。今回、「PayPayモール」の「実店舗在庫サービス」を用い、「PayPayモール」においても「取り置きサービス」の実現を図った。