プレイドは9月14日、これまでβ版として提供していた「KARTE Blocks」の正式版をリリースした。「KARTE Blocks」は、タグを一行貼るだけでサイトの構成要素を更新・評価・改善できるサイト管理システム。正式版リリースに伴い、無料プランの提供を開始し、サインアップや契約プラン変更、オンボーディングなど全ての手続きがオンラインで完結するフリーミアムモデルへと進化した。

このほど正式版をリリースした「KARTE Blocks」は、サイトをブロックの集合体と捉え、ブロックごとに更新・評価・改善できる新しいサイト管理システム「BMS(Block Management System)」に基づき、サイトにタグ1行を入れるだけで、サイト運営に関わる更新・評価・改善をノーコードで、誰でも簡単に行うことができるサービス。既存のサイトを後から自由に編集可能とすることで、あらゆるサイト運営者の手間やコストの解消に貢献する。

「KARTE Blocks」は、ページごとにブロックをリストで整理し、期間やゴールを変えながら表示やクリックなどの数値を確認できるほか、単一ブロック、複数ブロック組み合わせのABテストも可能。変更した結果やABテストの結果を様々な角度から分析し、効果を検証することができる。デバイス情報、来訪回数など様々な条件を用いたセグメント作成、セグメントを用いた配信条件によるパーソナライズ配信の機能も備える。

2020年7月のクローズドβ版提供開始以降、ブロック編集エディタのアップデート、よく利用するブロックを保存する「ブロックライブラリ」、ブロックごとのパフォーマンスの自動計測など、いくつかの新機能追加や改善アップデートが行われており、一層直感的で柔軟な更新運用とスピーディなサイト改善のPDCAが実現可能となった。

正式版リリースに伴い提供を開始した無料プランは、有料版と比べて月間合計ページビュー数や扱えるページ数などに違いがあるが、「KARTE Blocks」の機能はすべて使用することができる。オンラインでいつでも申し込みでき、無料版で試してから有料プラン(2万9000円〜/月額)の利用に進むことも可能だ、

生活者も企業も、あらゆる活動のオンライン化が加速度的に進行している。コーポレートサイトやECサイト、LPなど、生活者と企業をつなぐ接点としてのサイトの重要性は増すばかりだが、日々の更新業務の運用体制や評価・改善手法には課題が多いのも実状となっている。サイト内のバナーやテキストひとつを変更するにも、その都度システム部門や外部の制作会社への依頼や調整、それに付随する様々なオペレーションが発生し、多くの時間やコストがかかっているケースも数多く見られる。担当者はそうした日々の煩雑な作業に追われ、本質的なサイト改善に向き合う時間を確保できない、改善すべき箇所に気づいていてもシンプルに実行する手段がないという課題がある。

サイト運営におけるこうした「負」は、デジタルシフトが進み顧客接点としてのサイトの存在感が増すごとに、直接的には価値創出につながらないコストとして企業に重くのしかかるとし、サイト運営者の手間やコストの解消をサポートする「KARTE Blocks」により、サイト運営の「負」に向き合うとしている。

また、国内企業の99.7%は中小・小規模事業者であることから、正式版リリースに伴い、無料プランの提供およびフリーミアムモデル化を実現。企業規模に関わらず、サイトの更新・改善に携わる人であれば誰でも「KARTE Blocks」を利用し、サイトの規模やそれぞれの実現したいことに応じてコストを最適化しながら、ノーコードで直感的なサイト運営を行うことができるになった。

正式版リリースに伴い、「KARTE Blocks」プロダクトマネージャーでプレイド執行役員の棚橋寛文氏は、「約1年間のβ版提供を通して、規模も業種も様々なサイトで『KARTE Blocks』をご活用いただいてきました。サイトの目的も構築・運用方法も各社異なるなか、唯一共通していたのは、企画担当の方がやりたいと思ったことが、すぐに実現できないケースが非常に多いということ。『バナーひとつ変更したいだけなのに外部に発注が必要』『クリック数を見たいが、計測の実装をエンジニアに依頼しないといけない』というシーンはたくさんあり、それに付随する運用フローやコミュニケーションで手一杯な状況です。『KARTE Blocks』は、そのようなサイト運営における課題を解決するために開発したプロダクトです。ご利用いただく方から『やりたいと思ったことを自分ですぐに実現できるようになり、サイト運営が楽しくなった』『すぐに試せるから様々なアイデアが出てくるようになり、改善がどんどん進むようになった』という声を頂くことも増え、このプロダクトが向かう先に確信を持つことができました」と話す。

「サイト運営の日常に寄り添うプロダクトだからこそ、あらゆる企業・サイトで利用しやすいかたちで提供したいとの思いから、オンラインで無料でサインアップして利用できるフリーミアムモデルでの提供を開始します。実際に触ってみて、価値を実感してから有償版へアップグレードできます。『KARTE Blocks』は、サイト運営の当たり前をアップデートするプロダクトです。サイト運営に携わる人とサイトに訪れる人、両方にとって良い体験が生まれる未来をつくっていきたいと思います」とコメントしている。


【「KARTE Blocks」利用企業の声】

■三井ダイレクト損害保険株式会社 マーケティング部 北川智貴氏

これまでサイトの更新には最低数週間〜1カ月かかっていたのですが、 「KARTE Blocks」導入後は軽微な修正であれば数分で完了できるようになりました。機動的に素早く修正ができる点が最大のメリットです。


■レノボ・ジャパン合同会社 TeleWebダイレクト事業部 日笠修氏

「KARTE Blocks」導入により、企画からテスト、測定、改善そして本採用の決断までを短期間で行えるようになりました。これまで難しかった日次更新コンテンツの運用もスタートし、予想を上回る反応に手応えを感じています。


■ホンダモビリティソリューションズ株式会社 第二ソリューション部 ペクスミン氏

ページ内の要素をブロック別に分析できるようになり、主要KPIのモニタリングでは気付くことができない新たな発見がありました。実際にコンテンツの並び替えをテストし、仮会員登録率が約26%改善するなど効果も上がっています。


■株式会社サンリオ リテール事業部 1課ECグループ部 中川知香氏

以前は、毎週公開している特集ページの制作及び更新が外注だったため、依頼書の作成・確認のやり取りに作業負荷・コスト・時間がかかっていました。「KARTE Blocks」導入後は自社で更新が行えるようになり、工数を大幅に抑えることができています。また、お客様の属性に合わせてのバナー出しわけ、ABテスト、売上動向や在庫状況に合わせて即時に更新対応が可能になり、高い販促効果も実感しています。ECグループのメンバー一同、サイト更新を単なる「作業」ではなく、サイトを訪れるお客様への「接客」として「KARTE Blocks」を活用しています。