楽天グループ(楽天)は9月16日、デジタル庁が定める「デジタルの日」を記念し、「楽天グループ デジタル応援祭り」を10月8〜11日の4日間、開催すると発表した。「楽天市場」「楽天モバイル」「東北楽天ゴールデンイーグルス」「ヴィッセル神戸」など20サービスが参画。デジタルを利用したポイント還元キャンペーンや楽天グループのスポーツコンテンツのヴァーチャル体験などを提供する。

「デジタルの日」は、「誰一人取り残さない、人にやさしいデジタル化」を実現するため、政府と民間が共同で、定期的にデジタルについて振り返り、体験し、見直し、共有し合う機会として、今年初めて創設された。「2021年デジタルの日」は10月10、11日の2日間だが、楽天では10月8〜11日までの4日間、「楽天グループ デジタル応援祭り」を開催し、「デジタルの日」を盛り上げる。

今回のキャンペーンは、「楽天市場」や「楽天モバイル」をはじめとした楽天の20サービスにおいて、デジタルを活用したお得なポイント還元施策やポイ活企画の実施、自身のアバター(分身)を通じて、楽天グループが運営するプロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルス」やサッカー・Jリーグ「ヴィッセル神戸」のコンテンツをヴァーチャル体験できるなど、グループ横断型のキャンペーンを展開する。

キャンペーンの詳細は、事前告知サイトにて後日案内する予定だ。


「楽天グループ デジタル応援祭り」
https://event.rakuten.co.jp/group/digitalday/