家電ECサイト「ecカレント」を運営するストリームの2022年2‐4月期(第1四半期)におけるEC売上高は、前年同期比10.9%増の79億3900万円だった。スマートフォンや、冷蔵庫・洗濯機といった白物家電の販売好調により2桁増収を継続した。
 
EC事業の営業利益は、同36.4%減の2億8900万円だった。検索連動型の広告宣伝費や外部モールでの売上高増加、価格競争に伴う粗利益の低下を減益の要因としている。
 
3PL事業や子会社のビューティー&ヘルスケア事業を含んだ連結売上高は、同9.0%増の82億1100万円だった。営業利益は同55.7%減の1億5900万円、経常利益は同55.8%減の1億6000万円、四半期純利益は同60.5%減の1億1900万円だった。