8月14日(日)に放送された、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送・毎週日曜22時〜22時30分)に、ももいろクローバーZの佐々木彩夏、高城れにが出演。7月30日・31日に、3年ぶりの有観客での開催となったライブ「ももクロ夏のバカ騒ぎ2022 -MOMOFEST-」の舞台裏を明かした。

ももいろクローバーZ・高城れに、佐々木彩夏

佐々木:今回、久しぶりの曲がけっこう多くて。

高城:そうね。

佐々木:その中で、『夢の浮世に咲いてみな』もかなり久しぶりで。

高城:久々だったよね。

佐々木:4人バージョンっていうのも、お披露目する機会があんまりなかったし。それで、しおりん(玉井詩織)の歌割りが変わっていたんです。2番のAメロがね。

高城:そう。

佐々木:リハーサルも何回もやったんだけど、一回もね、できなくて……(笑)

高城:一回も、だったね〜(笑)

佐々木:重症だったのが、しおりん、歌い忘れたことにすら気付かなくて!

高城:「しおりん!」ってみんなに言われて気付いてね。

佐々木:あの、しおりんが覚えられないなんて! ってね。しおりんって、物覚えめっちゃいいじゃん?

高城:うんうん。

佐々木:でもね、こういうのってあるよね。

高城:うん! あるある、だよね。

佐々木:「どうしてもこのパートが苦手」「どうしても覚えられない振り付けがある」とかね。でもね、とある対策をして、しおりんは無事に歌えたんです!

高城:うん。

佐々木:実は、私たちがライブ中に付けているイヤホンに、(百田)夏菜子ちゃんが「し・お・りん! 行くよ!」っていう掛け声を入れたんです。

高城:そう!

佐々木:これ、みなさんには聞こえないもので、私達の耳の中だけでね。そういう支え合いがあって、しおりんは無事歌えたという。メンバー愛がありました!

玉井が必ず歌い忘れてしまうパートがあり、「どうしたら思い出せるか?」という話し合いも行ったという。そこで百田が、リハーサル終わりに「し・お・りん! 行くよ!」という掛け声をこっそりと録音。本番、イヤホンから流れた百田の声に、玉井がハッ! とし、無事に歌い上げられたそうだ。