【ライター望月の駅弁膝栗毛】
「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

かにめし

北海道のなかでも、難読地名の1つに数えられる「長万部(おしゃまんべ)」。鉄道好きは、函館本線(山線)と室蘭本線(海線)の分岐駅として、覚えている方が多いと思います。そんな長万部で今年(2022年)注目を集めたのが、地中から轟音と共に、吹き出し続けた「水柱」。ようやく収まったいま、長万部には訪れたい温泉と名物駅弁があります。

H100形気動車・普通列車、函館本線・二股〜長万部間

函館と旭川を結ぶ「函館本線」。このうち、長万部〜小樽間は「山線」と呼ばれ、普段は普通列車だけが走る路線です。とくに長万部から倶知安・小樽方面へ向かう下り列車は、1日わずかに4本。最近は新形のH100形気動車による運行となっています。ただ、北海道新幹線開業後は、残念ながら廃線となってしまうと伝えられており、繁忙期になると、少ない列車が、ファンを中心とした乗客で混雑する様子も見られます。

2ヵ月近く吹き上げた長万部の「水柱」(2022年8月撮影)

そんな“山線”の線路近くで轟音を上げていたのが、今年8月から吹き上げていた「水柱」。長万部駅から歩いて15分ほどの場所にある、飯生(いいなり)神社の前から、低い温度の塩分などを含んだ温泉水が吹き上げ続けていました。立ち寄った際はすでに観光名所のようになっていましたが、至近距離に民家もあり、お住まいの方にとっては、騒音と塩害で本当にご苦労が多かったかと思います。

長万部温泉「丸金旅館」

温泉水なら温泉として活用すれば……と思われる方もいるかも知れませんが、実は長万部、昭和30(1955)年に天然ガスの試掘中に偶然、温泉が湧きだした「湯の町」でもあります。駅近くには数軒の温泉街があり、宿泊はもちろん、日帰り入浴も受け入れているお宿が多くあります。「水柱」があってもなくても、温泉を満喫したいもの。今回は「丸金旅館」で日帰り入浴を楽しむことにしました。

長万部温泉「丸金旅館」のお風呂

浴場に入ると湯の香いっぱい、茶褐色のお湯が静かにかけ流されていました。注がれている長温R2号源泉のお湯は、47.9℃、ph8.0の成分総計10.02g/kgの濃厚なナトリウムー塩化物泉。かけ湯をしっかりして、熱めのお湯に浸かれば、体が芯からよく温まります。内湯の奥には、長万部温泉では希少な露天風呂もあって、外気温が低めの時期でも、心地よく入ることができそうです。

かにめし

吹き出す汗を拭いながら、火照りを冷ましながらゆっくり長万部駅へ戻ったら、ここからは駅弁タイム。長万部駅前の「かなや」には、昭和25(1950)年発売のロングセラー、名物駅弁の「かにめし」(1180円)が健在です。鉄道利用者はもちろん、マイカーやレンタカー、バイク移動の方も立ち寄ることも多いのが特徴。繁忙期となれば営業中のお店の前は、お客さんが途切れることがありません。

かにめし

【おしながき】
・ご飯(北海道産) 梅干し
・味付けカニほぐし身 筍 椎茸 錦糸玉子
・わかめ佃煮
・大根桜漬け
・みかん

かにめし

経木の折を開けると、フワッと漂う、かにのいい香り。かには、筍と一緒に水分がなくなるまで炒られていて、旨味が凝縮されています。この形になるまでに、約50の試作品を作り、長万部駅や機関区で働いていた人たちに試食してもらって、試行錯誤を繰り返しながらできたと言います。その意味でも、この「かにめし」は、「鉄道のまち」が生んだグルメと、言えましょう。

かなやの「自由席」

特急列車の車内販売、そして駅弁積み込みがなくなったいま、長万部の「かにめし」を、現地で味わう場合は、長万部で1本列車を落とすか、「山線」経由の旅程を組んで、お店で買い求める形となります。鉄道旅でもクルマの旅でも重宝しそうなのが、かなや売店に併設された「自由席」(開放時間8:30〜15:30)。かつて津軽海峡線で運行された快速「海峡」のシートが設置され、旅気分と一緒に、「かにめし」を味わうことができます。

キハ281系気動車・特急「北斗」、函館本線・長万部駅

広い長万部駅の構内を、引退間近のキハ281系気動車の「北斗」が発車していきます。北海道新幹線は、新函館北斗〜札幌間に、新八雲・長万部・倶知安・新小樽の各駅が設けられることになっており、温泉街方面へ向かう跨線橋は工事準備のため、通行止となりました。いずれは、新幹線と洞爺湖・登別方面への“海線”との結節点となる長万部。立ち寄った際は、温泉も駅弁もしっかり堪能したいものです。

連載情報

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史
昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。
駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/