キャスターの辛坊治郎が9月13日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ウクライナの戦況について、「戦局が逆転している」と指摘した。

ウクライナ東部ハリコフ州で、パトロールするウクライナ兵 2022年9月9日(ゲッティ=共同) 写真提供:共同通信社

ウクライナのゼレンスキー大統領は12日の演説で、9月に入り東部と南部で合わせて6000平方キロメートルを超える領土を解放したと述べた。また、ウクライナ軍が過去24時間でロシアの制圧下にあった20以上の集落を奪還したと発表した。

辛坊)9月に入って12日間で6000平方キロメートルなんて、すごいスピードです。6000平方キロメートルと聞いても、すぐにイメージできないと思いますが、例えば東京ドームだと12万8328個分、東京都だと約3個分ですよ。だから簡単に言うと、ロシアは総崩れになっているということです。国境線まで押し戻すのは大変だと思いますけれども、今月に入って戦局が逆転している感じです。