キャスターの辛坊治郎が12月5日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。東京都が2024年度、私立校を含めた全ての高校の授業料を実質無償化する方針を固めたとのニュースに触れ、「高校を義務教育化してもいいのではないか」と持論を展開した。

小池百合子都知事 東京都、高校実質無償化へ  東京都議会定例会で、所信表明する小池百合子知事=2023年12月5日午後、東京都新宿区 写真提供:共同通信社

小池百合子都知事 東京都、高校実質無償化へ  東京都議会定例会で、所信表明する小池百合子知事=2023年12月5日午後、東京都新宿区 写真提供:共同通信社

東京都は2024年度、都内在住の高校生を対象とした授業料助成の所得制限を撤廃し、私立校を含めた全ての高校の授業料を実質無償化する方針を固めた。

辛坊)今や高校進学が当たり前の社会です。私は、高校を義務教育化してもいいのではないかという気がしています。

高校授業料の無償化に関しては、私立高校の経営者を中心に反対する人がいます。私立としては公立と異なる独自色を出し、「高い授業料を払ってでも通わせたい」という家庭の子供たちに入学してほしいという思いがあるわけですが、国や自治体によって授業料が無償化されると、公立との差別化を図りにくくなってしまいます。このため、私立の経営者を中心に、授業料の無償化には反対の声があるわけです。

こうした事情とは別に、あえて私立を選択して入学する子供もいれば、学力的に公立には入れないから私立に通うという子供もいます。そういう意味でも、私は高校を義務教育化してもいいのではないかと素朴に思います。