<まるでエリザベス女王!? シャーロット王女の仕事振りはそのくらい堂々たるものだった>

「わずか2歳で、シャーロット王女はすでに王室公務のプロだ」――。(20日英メール紙)

16〜21日でポーランドとドイツを公式訪問しているウィリアム王子とキャサリン妃、3歳のジョージ王子とシャーロット王女。16日に最初の訪問地ワルシャワに到着したときから、シャーロット王女は公務の「プロ」の片鱗を見せた。

空港のターマックエリアで待ち構える盛大な歓迎の中、キャサリン妃の腕に抱かれて現れたシャーロット王女。終始ご機嫌の様子で笑顔を振りまくだけではない。要人らに自ら手を差し出し握手までした。

fanpage for Princess Charlotteさん(@hrhprincesscharlotte)がシェアした投稿 - 2017 7月 17 2:38午後 PDT



降りる前に状況をしっかりと把握していたのかもしれない。




飛行機の中から外をチェックする2人 Kacper Pempel-REUTERS


溢れるサービス精神?

家族4人での初めてのロイヤルツアーは、昨年9月のカナダ訪問。このときまだ1歳だったシャーロット王女は、初めて公の場で言葉を発したことで話題になった。ジョージ王子と風船で遊びながら「pop」と言った。(「はじける」の意)



昨年9月に訪れたカナダ Chris Wattie-REUTERS


【参考記事】エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人
【参考記事】キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花嫁じゃなかった



今回の公式訪問のスタートから、素晴らしい「外交手腕」を発揮したシャーロット王女。しかし彼女の進化はこれだけでは終わらない。ワルシャワでの日程を終え、ドイツに向かう飛行機に乗り込む前、誰も見ていない瞬間にそれは起こった。

見送りに来ていたポーランド政府の要人にお礼を言うよう、キャサリン妃から促されたシャーロット王女は、一拍置いて小さくお辞儀。幸運なことに、監視カメラがこれを捉えていた。英デイリー・メールによれば、シャーロット王女のお辞儀は公の場で初めてという。

Adorable Princess Charlotte pic.twitter.com/QL5I01HhxC— The Telegraph (@Telegraph) 2017年7月19日


(母親のキャサリン妃に促された)



一方、対照的だった兄のジョージ王子。公の場に現れると、様々な仕草や表情で楽しませてくれるのが常だが、今回はお疲れの様子。19日にドイツの空港に着いたとき、軽く挨拶はしたものの、眠たげに目をこすっていた。飛行機から「しぶしぶ降りた」ように見える写真や映像が広まった。

Prince George arrives at Tegel airport in Berlin, Germany, July 19, 2017. REUTERS/Fabrizio Bensch #reuters #reutersphotos #royal #princegeorge #childhood Reutersさん(@reuters)がシェアした投稿 - 2017 7月 19 6:14午前 PDT


(何かを訴えかけているようだ)

祖母エリザベス女王を彷彿とさせる貫禄で公務をこなしたシャーロットの姿を、英メール紙は「完璧なマナーを披露した」と伝えた。ロイヤルファミリーのお出掛けからますます目が離せなくなりそう。

They both are so big already, I'm shocked fanpage for Princess Charlotteさん(@hrhprincesscharlotte)がシェアした投稿 - 2017 7月 19 10:28午前 PDT

(「2人とも、もうこんなに大きくなった」)

【参考記事】エリザベス女王にも愛想を尽かされた?メイ英首相が誰からも嫌われる理由
【参考記事】ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、英でバッシング

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>


ニューズウィーク日本版ウェブ編集部