<広島に原爆を落とした日のトルーマン演説と今のトランプの脅しが似ている不気味さ>

ドナルド・トランプ米大統領は8月8日、核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮に対し、これまでで最も直接的で痛烈な言葉で警告した。

具体的な攻撃や核兵器の使用にこそ言及しなかったものの、使用した言葉は、1945年8月6日に広島に原爆を投下したことを世界に向けて発表した時のハリー・トルーマン元米大統領の言葉を不気味に思い起こさせた。

【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

「北朝鮮にとって最善の策は、これ以上アメリカを脅さないことだ」とトランプは米ニュージャージー州にある自分のゴルフ場で記者団に語った。「彼(北朝鮮の金正恩党委員長)の脅しは常軌を逸している。北朝鮮は世界が目にしたことのないような炎と怒りに直面するだろう」

トランプはその日、国連安保理が8月5日に北朝鮮に対する追加制裁決議をロシアと中国も含め全会一致で採択したことを、ツイッターで称賛したばかりだった。「長年にわたる失敗を経て、ようやく世界の国々が一致して北朝鮮による脅威に対抗し始めた。我々は強く、決断力を持たねばならない」

これまでで最も強い言葉

そのトランプが「炎と怒り」発言を行ったのは、安保理決議に反発した北朝鮮が激しい言葉でアメリカを非難したのに対抗したものだろう。

【原爆投下】原爆投下に対するアメリカ人の見方に変化が

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は、「多数の残忍な狼たちが、我が国を圧殺する攻撃に出ようとしている」という声明を発表した。「我が国が軍事行動を伴う戦略的手段を取る時は、国家の戦力を総動員し無慈悲に実行するということを肝に銘じるべきだ」

米紙ワシントン・ポストの報道もあった。北朝鮮は弾道ミサイルに搭載可能な小型核爆弾を有している、というものだ。

【原爆投下】パックンが広島で考えたこと

これまでもトランプは北朝鮮を繰り返し罵り、北朝鮮が7月に行った2度の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験などを止められなかった中国を非難してきた。

だが今回ほど語気を強めたことは、ない。その激しさは、アメリカが日本に初めて原爆を投下した後にトルーマンが発表した声明を彷彿とさせるものだ。



トルーマンは1945年8月6日の演説の冒頭でこう言った。「16時間前、米軍機が広島に1個の爆弾を投下し、敵の重要拠点を破壊した。この爆弾にはTNT2万トン以上の威力がある」

日本が1941年12月に米ハワイの真珠湾を攻撃したせいでアメリカが第二次大戦に参戦することになった経緯に触れつつ、自分が投下したばかりの爆弾にどれほどの威力があるか、余さず説明した。

「これは原子爆弾だ」とトルーマンは宣言した。「宇宙の基本的エネルギーを利用したものだ。太陽がその源としているエネルギーが、極東に戦争をもたらした者たちに向かって放たれた」

最後通告を拒否した罰

トルーマンは、日本が降伏の最後通告を受け入れなければ再び攻撃する用意があると言った。

そして8月9日、長崎に2発目の原爆が落ちた。広島では14万人、長崎では7万人が犠牲になった。

トランプは今こそ歴史の教訓に学ぶべきだ。

(翻訳:河原里香)



【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

グレッグ・プライス