<女性にだけ肌を露出させるのは、もういいかげんにやめるべき>

セクハラ騒動がアメリカ中に広がるなか、勇気を持って告発する人たちには拍手を送りたい。

しかし、肝心なのはこの後だ。本当の解決策はどこにあるのか。女性、男性、そして従来の性別で自らを区分しない人々が、みんな平等に、尊厳を持って扱われるようになるにはどうすればいいのか。報復を恐れずに性差別的な行動や考え方を拒否できる日は、いつ訪れるのか。

性差別をなくすには法律をどう変えるべきか。子供たちが旧来の考え方に染まらないようにするにはどうすればいいか。職場や政府、学校をどう変えるべきか――これらの問題に知恵を出し合って取り組む必要がある。

まずは小さな問題から考えてみたい。男性誌GQの米国版が先頃、17年の「今年の人」を発表した。人種差別に抗議して国歌斉唱の際に片膝をついたプロフットボールNFLの選手コリン・キャパニックは「シチズン・オブ・ザ・イヤー(今年の市民)」に選ばれた。

自身のトーク番組で鋭い政権批判ネタを続けたコメディアンのスティーブン・コルベアは「バッド・オンブレ・オブ・ザ・イヤー(今年の悪役)」に、NBA選手のケビン・デュラントは「チャンピオン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。そして「ワンダーウーマン・オブ・ザ・イヤー」になったのが、映画『ワンダーウーマン』で主役を演じた女優ガル・ガドットだ。

この号は、4人それぞれの写真を使った4種類の表紙が作られた。ここで問題なのは、4人のうちガドットだけが肌を露出していること。男性3人は首元まで覆ったきちんとした服装だ。

細かい話だと思えるかもしれないが、社会を見る目はこういうことが積み重なって育つ。私たちは子供の頃から、こうした価値観を帯びた空気を無意識のうちに吸い込んでいる。

ガドットは、この衣装は嫌だと言うこともできたかもしれない。しかし雑誌の仕事を長くやってきた私の経験から言えば、撮影現場では指示どおりにやったほうがいいという空気が出来上がっていくのだ。

ガドットの衣装も写真もわいせつなものではない。だが、この衣装を着ている彼女はパワフルな女性には見えない。



モンローを演じて下着姿

でも、ワンダーウーマンは露出度の高い衣装を着ているって? 忘れてはいけない。あれはあくまでもその役の衣装だ。

私はGQで2年近く働いた。女性有名人の広報担当者はGQの編集者(男女問わず)から、できるだけ露出度の高い衣装を着せたいと頼まれていた。セクシーじゃない女性なんて、男性読者には何の価値もないとでもいうように。

GQの表紙で最も悲しいものの1つは、女優ミシェル・ウィリアムズの下着姿だ。彼女は映画『マリリン7日間の恋』でマリリン・モンローを演じ、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。その素晴らしい演技に関するインタビュー記事が掲載された号だが、モンローを思わせる表紙写真にはこんな文句が添えられている。「ミシェル・ウィリアムズがこんな体の持ち主だって知ってた?」

セックスシンボルとしてのみ見られ、真面目に評価されることのなかったモンローを演じたウィリアムズが、同じような扱いを受けるとはなんという皮肉。モンローの死後50年以上がたって、一体何が変わったのか。

今では昔ながらのセクシーさに頼らず、男性の押し付けるイメージに迎合しなくても、成功している女優も多い。ワンダーウーマンにおへそを出させるのは、もういいかげんにやめるべきだろう。

<本誌2017年12月5日号特集「セクハラは#MeTooで滅ぶのか」より転載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!

気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを

ウイークデーの朝にお届けします。

ご登録(無料)はこちらから=>>

メアリー・ケイ・シリング(本誌記者)