<1947年の独立以来カシミールを舞台にいがみ合う印パ両国だが、軍事演習には一緒に参加するという不思議な関係>

インドとパキスタンが紛争地カシミールをめぐってにらみ合うなか、奇妙な現象が起きようとしている。ロシアで8カ国が参加して9月に行われる軍事演習に、両国の軍隊が「仲良く」参加するのだ。

ロシア国防省は20日、インドとパキスタンの両軍が中国、キルギス、カザフスタン、タジキスタン、ウズベキスタンの部隊と共に9月16日から8カ所で行われる対テロ演習に参加すると発表した。将兵12万8000人と2万以上の部隊、航空機600機と最大15隻の軍艦・補給船が参加する大規模な訓練だ。

印パ両国は1947年以来、カシミール地方をめぐって小競り合いを続け、3回の紛争を戦ってきた因縁の仲だ。両軍は18年8月、初めて合同で上海協力機構の演習に参加。このときはバレーボールの「対戦」もあり、和解ムードが演出された。

しかし、その後の1年間で長年のライバル同士の関係は著しく悪化。インド政府は8月上旬、カシミールに軍隊を派遣して封鎖し、実効支配するジャム・カシミール州に自治権を認めていた憲法370条を廃止した。当然、パキスタン政府は激怒。国際社会は紛争を懸念しているが、パキスタンのカーン首相は「われわれにできることはない」。インドのモディ首相もどこ吹く風でフランスに旅立った。

片手で殴り合いながら片手で握手するのが、不仲な隣国同士の日常らしい。

<本誌2019年9月3日号掲載>

【関連記事】カシミールを襲うインドの植民地主義
【関連記事】インドのカシミール「併合」は、民族浄化や核戦争にもつながりかねない暴挙


※9月3日号(8月27日発売)は、「中国電脳攻撃」特集。台湾、香港、チベット......。サイバー空間を思いのままに操り、各地で選挙干渉や情報操作を繰り返す中国。SNSを使った攻撃の手口とは? 次に狙われる標的はどこか? そして、急成長する中国の民間軍事会社とは?



トム・オコナー