成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス(東京都港区、志水雄一郎社長)は、 同社サービスである「STARTUP DB (スタートアップデータベース)」に2020年9月2日時点での国内スタートアップ想定時価総額のランキングを公開した。

上位9位までに変動はなかったが、2020年8月前回のランキングで14位だったスペースデブリ除去サービスに取り組むアストロスケールホールディングスが10位まで浮上。想定時価総額を483億円から229億円増加させ、712億円とした。

トップは、ディープラーニングの研究やロボット開発などを手がけるPreferred Networks。同社は2位以下に続く、クリーンエネルギーの研究を行うクリーンプラネット、 ニュースアプリ「SmartNews」の運営を行うスマートニュースと想定時価総額で比較すると、およそ3倍の規模となる。

累計資金調達額ではトップのMobility Technologiesが395.2億円、次いで人工たんぱく質素材「クモノス(QMONOS」」の開発を手掛けるSpiberが355.8億円、カンタン決済サービス「Paidy」を提供するPaidyが303.5億円。

また、世界初のオープンソースの自動運転OS「Autoware」の開発するティアフォーが、約222.7億円の資金を集めている。これは2020年8月28日にSOMPOホールディングスとの資本提携し、約98億円の資金調達を実施したことによるものだ。

カテゴリー別にみると先月と同様に環境・エネルギーと金融領域が最も多く、4社ずつランクインしており、自動車領域が3社でこれらに続く。

日本国内のスタートアップにおける想定時価総額ランキング上位企業の中で、環境・エネルギー分野に属する企業数が多く、4社の累計調達額はおよそ262.3億円。この要因のひとつに近年、世界的にESG投資(※)が増加傾向にあることが考えられる。

※ 環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行なう投資のこと。

環境・エネルギーのカテゴリーに含まれる企業は、クリーンエネルギーの研究を行うクリーンプラネット、紙・プラスチックの代替となる世界初の新素材「LIMEX」を開発・製造・販売するTBM、電力小売プラットホーム「Panair Cloud」を開発するパネイル、再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービスを提供するLooopの4社である。